過酸化脂質

過酸化脂質肌について

化粧したまま寝てしまう事については、お話してきましたがここで、もう一度おさらいしてみましょう。

 

女性が夜寝る際にメイクを落とすのはお肌の常識ですが、
メークを落とさずに寝てしまうと、汗や皮脂と混じって活性酸素を出して
肌が過酸化脂質に変化してしまいます。

 

 

特に顔などは非常に敏感な場所ですが、
汗や皮脂によりそうでなくとも汗の脂や皮脂が多い上にメイクで固めてしまっているので、
メイクの脂が更に加算される事になってしまいます。

 

 

そんなメイクを落とさないで寝てしまえば、
一晩で三歳年を取ると言われる程
老化がこの過酸化脂質によってスピードアップしてしまいます。

 

 

それは皮膚がこの過酸化脂質のまま固まってしまうと皮膚に悪い影響を与え、
シミやシワと言った様な肌のトラブルを招く原因になってしまいます。

 

 

肌のトラブルを防ぐ為にも寝る前にクレンジング等でその日の化粧を落としておくのは、
今の肌を健康に保つのは勿論の事、
5年10年先と言ったように長いスパンで考えても非常に大切な事です。
まだ大丈夫という考えは危険です。

 

早い段階から基本的な化粧品についても見直す必要があります。
できれば19歳を過ぎたら始めたいところですね。

 

 

 

また、肌トラブルだけでなく、化粧水や美容液の浸透も悪くなってしまいます。
そうなればより肌の質も悪化してしまいますね。

 

最近はミネラルファンデーションなど、肌に優しいコスメも主流になりつつありますが、
そんなアイテムを使用しているあたしでも、やはりつけたまま寝ると、毛穴詰まりやコメドができてしまいます。
朝にクレンジングをしても、化粧ノリは悪いです。

 

洗顔やクレンジングでしっかりと化粧を落とし、
化粧水で潤いを与えて健康な皮膚を保つ事がなにより肌には重要です。

 

こういったダメージを少しでも減らしておくために
ミネラルファンデなどのオーガニック化粧品を意識するのは良いと思います。

 

 

 

ついつい昼寝しちゃう人は、このファンデ!

ミネラルファンデなのにトライアル価格で約12倍の容量
トゥヴェール・ミネラルパウダリーファンデーション

皮膚科も採用中
エトヴォスの詳細ページへ

化粧したまま寝ると?記事一覧 化粧したまま寝た翌朝のスキンケア方法とは? ファンデーションマメ知識