質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠

さて、翌日のクレンジングと保湿で、なんとかその日を乗り切ったならば
質の良い睡眠でしっかりケアしてあげましょう。

 

体内スキンケアというと「食事」を思い浮かべる方が多いと思いますが、美肌復活へのカギは「睡眠」にあるのです。

 

寝るべきなのは、肌のゴールデンタイム?

22時から深夜26時までは、お肌のゴールデンタイムとされ、この間に睡眠を取るのが最重要とされています。

 

これは生態学による人間の体内時計による考えから言われていることです。

 

ベストな睡眠時間

最低限6時間睡眠が必要です。4時間睡眠や5時間睡眠といろいろな意見があったり、人によって違うなどとも言われていますが。

 

まず、睡眠とは「修復」であると考えてください。

 

起きている日中では、血液の流れは脳に集中します。
その為、肌には重要な栄養がなかなか行き渡らないのです。
睡眠に入ると身体の各所に血液が行き渡るようになり、修復が始まるのです。

 

そして、眠り始めの3時間がもっとも成長ホルモンが分泌されやすくなっています。
これにより肌の細胞分裂が起こり、再生活動につながっていきます。

 

この一連のサイクルが内臓の分の「修復」もあわせて最低限6時間を必要とするのです。

 

特に、メイクオフできなかった翌夜は、22時以降の6時間以上の質の良い睡眠を心がけましょう。

 

もちろん、夜の徹底スキンケアもお忘れなく。

 

 

ついつい昼寝しちゃう人は、このファンデ!

ミネラルファンデなのにトライアル価格で約12倍の容量
トゥヴェール・ミネラルパウダリーファンデーション

皮膚科も採用中
エトヴォスの詳細ページへ

質の良い睡眠をとるには?|化粧したまま寝ちゃってもOK!関連ページ

翌朝のスキンケア方法とは?
化粧したまま寝ちゃった翌朝の化粧方法とは?
メイクしたまま寝てしまった翌朝の化粧方法です。関連(肌,ダメージ,クレンジング)
過酸化脂質と肌の関係
過酸化脂質と肌の関係について知っておくべきこと

化粧したまま寝ると?記事一覧 化粧したまま寝た翌朝のスキンケア方法とは? ファンデーションマメ知識