化粧方法

つけたまま寝てしまった翌朝の化粧方法

気を付けていても、つい化粧をしたまま寝てしまい、目が覚めると朝になっていることがある方もいらっしゃると思います。
そのような時、皆さんはその日の化粧はどのような方法でしていますか?

 

まず気を付けなくてはいけないこと。
いくらその日にまた化粧をする必要があっても、
方法をしっかり守ってクレンジングでしっかり化粧を落とすことが大切だ、ということです。

 

ファンデーションなどのコスメは時間が経つと、
いろいろなものと混ざり変質し汚れとなって肌を刺激しはじめます。

 

 

また、ファンデーションは肌に密着しているため肌が乾燥した状態になっていますが、
肌はその乾燥を防ぐために皮脂を多く分泌しようとするので、肌に必要以上に油分が出てしまっている状態でもあります。
その上から化粧をすると、決定的な肌へのダメージを増やしてしまうことになります。

 

 

そのためまずはクレンジングで前日の分を落とすことが大切です。
この時重要なのは、すでに肌が乾燥しているという点。

 

 

ファンデーションによる乾燥が原因で皮脂過多でギトギトになっていても
本質的には乾燥だという事を忘れないでください。

 

美容液クレンジングなどがあれば1つ用意しておくと乾燥対策になります。

 

クレンジング後はしっかり保湿スキンケアをし、
その後に日焼け止めやコンシーラー、パウダーなどを軽くつける方法がいいようです。

 

その日は、薄化粧か、薄付きの天然化粧品などを使うくらいにしておきましょう。

 

 

>>知っておくべき過酸化脂質の除去方法

付けたまま寝れるファンデ

トライアル価格で一般トライアルセットの約12倍の容量
トゥヴェール・ミネラルパウダリーファンデーション

皮膚科も採用中
エトヴォスの詳細ページへ

化粧方法|メイクしたまま寝てしまった翌朝の化粧方法関連ページ

翌朝のスキンケア方法とは?
「質の良い睡眠をとる」には?
過酸化脂質と肌の関係
過酸化脂質と肌の関係について知っておくべきこと

化粧したまま寝ると?記事一覧 化粧したまま寝た翌朝のスキンケア方法とは? ファンデーションマメ知識