メイクしたまま寝る

メイクしたまま寝る悪影響

メイクしたまま寝てしまった次の日、肌には何が起こっているのでしょう?

 

油でギトギト、メイクが浮き上がってしまってますよね。

 

普通は、ここで念入りに洗顔&クレンジングというケアをしてしまいます。

 

これ、実は乾燥&オイリー悪循環のはじまりになります。

 

確かに、汚れを除去するという考えからは入念なクレンジングは重要に言われるでしょう。

 

しかーし!

 

この場合のお肌ギトギト原因は、乾燥なんです!

 

乾燥によるお肌の水分不足を補おう!守ろう!として皮脂が過剰に分泌された状態です。

 

つまり、、、

 

長時間メイクが、お肌の水分を吸収
洗顔で皮脂を取りすぎてしまった後のオイリー肌と同じ状態になっています。

 

 

この状態でまたゴシゴシ洗ってしまっては、皮脂も水分バランスもバラバラになってしまいます。

 

毛穴の広がり、かさかさなどにつながる恐れ、老化の原因になりうる極めて危険な状態です。

 

 

メイクふき取りシートは?

じゃあ、TVなんかでも宣伝しているふき取りシート
これで素早くメイクオフして寝るのは?

 

美容皮膚科医で質問してみました。

ふき取りシートは、手軽でさっぱり出来るという利点がありますが、お肌には良くありません。
なぜならば、本来メイクは油分でつつんで浮かせてオフするもの。
それを界面活性剤で代替して洗浄するんです。
シートに、いくら保湿成分を含ませているといっても言いワケ程度。
そして、いくら優しくふき取ったとしても肌表面には細かなキズがつきます。
これはニキビなどの肌トラブル。
長期間使い続ければ、シミの原因にもなりえます。

 

結果的には、まったくオススメしないそうです。

 

無理やりシートでメイクオフするくらいなら、メイクしたまま寝て、
翌朝、しっかり優しくクレンジングしてあげたほうが良いようです。

 

でもでも、、、

 

それでも疲れていれば翌日もギリギリまで寝てしまいますよね。
そういった点からもミネラルファンデーション
をオススメします。

 

今の生活環境を直ぐに変える事は難しいですもんね。
おそらく、疲れて寝てしまう事はこれからもあるでしょう。

 

それならば、24時間OKメイクという方法もあるわけですね。
ミネラル100パーセントで「メイク中もスキンケア」という考え方です。

 

メイクしたままVS睡眠不足

微々たる違いかもしれませんが、考えません?

 

・メイクオフやお風呂に時間かけて睡眠不足の悪影響

 

・「メイクしたまま寝る」の乾燥悪影響

 

どっちの方が良くないの〜?

 

もちろん、どちらも良くないのは当然ですが^^;

 

強いて言うならば、睡眠不足です!

 

  • メイクしたままは表面的ダメージ
  •  

  • 睡眠不足は、内部ダメージ

 

内部ダメージの悪影響は、身体のいたるところに出てきます。
そんな理由もあって、ついつい睡眠を優先してしまう私でした^^;